Loading…

スポンサーサイト

Posted by allie on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林栄一quartet

Posted by allie on 30.2011 ライブ   0 comments   0 trackback
すご~く、嬉しくて、楽しくて、心が解放された夜でした。

林さん。
もう大好き

なんか魂が震えるんです。
血が騒ぎ、身体全体が知らず知らず音色を受け止めて反応してしまうんです。
時々、泣きたくなるくらい。

これはきっと、一緒に演奏している方達もそうなんです。
ピアノの永井さんも
踊ってる。
ベースの伊藤さんも
揺れてる。
ドラムの黒崎さんにいたっては
叫んでる。

例えば
ドラムは雷でベースは風でピアノは雨としたら
林さんはそのエネルギーを作り出している源なんです。
それらを飲み込んで寄せては引く波を自由自在操る海のポセイドンみたいです。

すみません、音楽知識の乏しい私には、そういうことしかいえません。

1130.jpg 1130a.jpg  1130b.jpg


そうそう、約束のフリーですが・・なんと・・!
私とでしたぁ!!

最高でした。
私、ピアノなんてまともに弾けないんですが
それでも林さんはすごい。
お客様をはじめ厨房にいたマスター(永井さんだと思ってたらしい)までが
違和感なく私をピアニストとして認めてくださったんですもん。
~ムフ、凄く自慢してますバイ、スンマヘン^^;
でも、でも、閉店後、マスターは
普通は林さんと一緒に素人がやりたいなんて
まず、そんな大それたことは考えないのだって諭すんです;;
そんなあ・・、だって、やってくださったのですし、やっちゃたんですし??

そして、フリーとは何か。
型を自分が壊すこと、その時の魂を自由に解放させて表現すること。
「発明でなく発見」だと林さんはおっしゃいました。
新しい自分と出会うということです。

本当は基本があっての自由なんです。
メチャクチャではないんです。
気分がよかったけれど私のはメチャクチャでした。
これが、マスターの言いたかったことなんでしょうね?

でも、優しい林さん。
猫がピアノを弾いて、それを楽譜にもしてるのがあるんだそうです。
それはとても、人間は演奏できないのですって。
で、私が例えば、そういう風に弾けたら
それはまあ大変なことらしいですよぉ♪♪、夢の挑戦かな??チャンチャン

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://bluesette.blog102.fc2.com/tb.php/81-0d934af4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。